IM(アイエム)整体とは?

I:『In』⇒ ~の中
M:『Myofascial』⇒ 筋筋膜

よって、I M整体は『筋筋膜(きんきんまく)の中の整体』という意味になります。

筋筋膜とは「筋肉の外側を包んでいる膜」のことで、1枚仕立てのボディスーツをまとっているようなもので、イメージとしたら、ウィンナーの皮の部分が筋筋膜で中の肉の部分が筋肉になります。

イメージしにくいかもしれませんが、この筋筋膜の中の小さな癒着や引っ張りが全く関係ないように思える遠く離れた所の痛みを作り上げていきますので、問診や触診で筋筋膜の中の動きの悪い箇所(癒着している箇所)を探し出し、症状(痛み)の出ている箇所とは違う「痛みの本当の原因である箇所」を徹底的にアプローチをしていくことで、痛みの原因の根本から改善していきます。

この『IM整体』は筋膜リリースの理論と直接現地に行って学んだタイの伝統医学のエッセンスを融合させた『当院独自の整体法』で他院では受ける事が出来ませんので、他院で結果が出ずに諦めてしまっている症状がある方は一度ご相談下さい。

タイ古式マッサージ 修了/ルーシーダットン 修了/柔道整復師

「タイ古式マッサージ」とは?

2019年にユネスコから無形文化遺産に登録されて有名になったタイの伝統医学です。本場タイに渡り学びました。

「ルーシーダットン」とは?

タイに伝わる自己整体法で、タイ式医療の系譜に連なる健康法の一つです。「タイのヨガ」とも呼ばれます。

痛みの本当の原因とは?

痛みが出ている箇所が必ずしも痛みの原因ではありません!
痛みを感じる箇所はたまたまそこに痛みが出てきただけで痛みの本当の原因は違うところにあることが多いのです。
しかし、病院やほとんどの治療院は「痛みのある箇所」のみを治療し、「痛みの本当の原因」に対して、アプローチが出来ていないのが現状です。
この「痛みの本当の原因」の動きを取り戻せば「代償作用で痛みが出てしまっている箇所」の痛みも自動的に解消されていきます。
この原理を基にアプローチしていくのが『I M 整体』です。

IM整体と他の治療院の違い

アプローチの違い

I M整体・痛みの本当の原因(メイン)
・痛みが出ている箇所
他の治療院・痛みが出ている箇所のみ

特徴の違い

I M整体2方向からアプローチする
 ので、短期間で改善しやすい。
・痛みの本当の原因となっている
 箇所をメインでアプローチする
 ので結果的に再発しにくい状態
 になる。
他の治療院痛みの本当の原因がほったらか
 で、痛みが出ているという
 結果の部分にしかアプローチ
 していないので、いつまでも
 再発を繰り返しやすい。

I M整体のコンセプト

I M整体は、『またできたらいいなをカタチにする整体』をコンセプトにしており、長年痛みや症状で諦めている事をまた出来るように目指していくのもI M整体の大きな特徴です!いわゆるプロスポーツ選手の復帰をサポートする「個人(パーソナル)トレーナー」のようなものでもあります。

症状の改善だけでなく、良くなった後にしたい事(目標や夢)を実現する為に「必要な事」や「足りていない事」もお伝えし、マンツーマンで指導を行っていくことで、痛みや症状を気にしなくてもいい生活へと変えていきます。

お薬や注射、痛い所を長時間マッサージしたら良くなると思っていたけど、良くならず不安な日々を過ごされていたり、痛みによってやりたい事を諦めてしまっていませんか?

当院の『I M 整体』で諦めてしまっている事にもう一度挑戦してみませんか?

あなたやあなたの大切な人の『できたらいいな』をサポートさせて下さい!

料 金

10,000円(税込11,000円)

IM整体に向いている方

☑ 痛みで「諦めている事」がある方

本気で改善したい痛みや症状がある方

☑ 整形外科や整骨院などに通院している
  (していた)が一向に良くならない

IM整体の施術風景

「I M整体ってどんなことするの?」って思われている方の為に、施術動画(4倍速)を撮ってみました。全員が同じ施術内容ではないですが、雰囲気だけでも伝わればと思います。
90歳代の方でもご利用されるくらい『ボキボキする』要素は一切ありませんのでご安心下さい。

IM整体の施術例

IM整体は、傾向として骨格や関節の変形のある方(脊柱管狭窄症、すべり症、ヘルニア、変形性膝関節症など)が多く受けられていますが、今ある症状を何とかしたいと思っている方であれば、どんな症状の方でもお気軽にご相談下さい。

中には、変形性腰椎症・脊柱管狭窄症・すべり症・ヘルニア(なんと3ヵ所も)と腰部の変形の代表格のほとんどを診断された方もこのIM整体を受けて頑張っておられます。

こちらの動画はIM整体を受けている方の歩行姿勢の変化の動画です。IM整体は症状の改善だけで終わりません。各患者さんの目標に必要な(足りていない)事もしっかりとサポートしていきます。